Uno glass「stonery 7780」

110,000円(税込)



私たちにとって石は身近な存在であり、ガラスの主原料のひとつでもある。石が息づくのはガラスだけではなく、足元では地層の一部として歴史を刻んで時代を物語ってきた。見上げると美しい自然の風景の土台を形づくってきた。
そんな石が紡ぎだす風景をガラスという素材を通じて探求していくシリーズです。

Stones are familiar to us and are one of the main raw materials of glass. Under our feet, stones have carved history as part of the strata of the earth, telling the story of the ages. Looking up, they have formed the foundation of beautiful natural landscapes.
This series explores the landscapes created by stones through the material of glass.

小林昂平によるオリジナル技法「サギング切子」で自らガラス生地から制作する1点物の「Uno」シリーズの作品です。完成まで1週間を要し、手間と時間をかけて制作していきます。作品名にある数字はグラスの高さと口径を表しています。(単位はmm)

寸法(size): 高さ(height) 約77m×口径(diameter) 約80mm
重さ(weight) : 256g
満水容量(volume):約180ml
素材(material): クリスタルガラス(crystal glass)

手作りのガラス生地のため、取り除けきれない泡や不純物が混じることがございます。予めご了承ください。


桐箱付き。
熨斗をお付けする際は備考欄にて詳細をお申し付けください。



〜「サギング切子」と「Uno」について〜

「サギング」は電気炉を使用したガラス工芸技法のひとつで、丸い穴の開いた板状の型の上に板ガラスを置いて熱することで、穴からガラスを落として器をつくる技法です。そのサギングと切子を組み合わせたオリジナル技法が「サギング切子」です。


穴からガラスを落とす際は、下に型を置くことなく重力だけを頼りに器の形を成型していきます。そのため絶妙な温度管理が必要になります。温度が少しでも低いとガラスが穴から落ちなくなり、逆に温度が少しでも高いとガラスが床に落ちすぎてしまい器の形とは縁遠いものになってしまいます。理想の形で仕上げるのがとても難しい技法です。

unoはイタリア語で1という意味。作品ひとつひとつをガラス生地の制作から自らおこなうこと、サギングの際にガラスが落ちてくる様子を横から見るとUの字にみえることから、一連の作品シリーズを「Uno」と名付けました。

~About Uno glass~
All Uno glass pieces are one-of-a-kind, created by Kouhei Kobayashi using his original "Sagging faceting(kiriko)" technique. First, the vessels are made in an electric furnace using the sagging technique, which utilizes heat and gravity, and then kiriko is applied to the shaped vessels to complete the process. The name "Uno glass" has two meanings. One is that he creates each piece by himself, from the production of the glass material to the final product, The other is that when sagging, the glass melts and falls through the hole, which looks like the letter U.